子どもからの暴力やセクハラ遊びに困惑するPTSD知らない保育士さん

保育園児と言えば
かわいい音譜印象ですが
最近は
保母さんを
いきなり殴ったり
キックしたり
ひっかいたり
噛み付いたり
 ―もはや何でもアリです。
そういう子も
増えているそうです。
驚いてたら
セクハラごっこまでやってます叫び
子どもは何でも真似しますからね。
アフリカでは
子どもの遊びから
いろんなことを占います。
PTSD児と思わねば
 ―あるいは
 発症防止のために
 身近な大人に問題をぶつけてる。
とんでもない子か
発達障害ってことに
なってしまいますね。
 ―こういう子
 DVシェルターでは
 結構いますよ。
保育士さんも
びっくりしますから
【解離】反応してしまい
 ―保育所で
 園児に会ってて
 自分は保育士ということを
 一瞬忘れる。
関係が瞬時に
険悪になります。
 ―子どもにしたら
 「正体見たり!」
 「信用ならん!」ってことに
 なりますからね。
感情的になったら
よい ― 悪い
二元論思考になりがちですから
何かと
ややこしいですね。
保育士になるなら
PTSDくらい知ってないとね。
DV家庭もあれば
虐待されてる子もいるし
親のリスカや自死を見た子も
少なくない時代ですからね。
 ―やってることだけ見て
 烙印押すには   ☚そもそもダメですが
 若すぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です