ハンス・アスペルガーはPTSD児を発達障害にでっちあげず「小さな教授」と呼んで教授にした

毒親が
自閉症とアスペルガーは違うから
一緒にするなとか
もうめちゃくちゃ書いてるので叫び
アスペルガーはPTSDだと
言っておく必要が出てきた。
 ―教科書的には
 自閉症に
 カナー型とアスペルガー型があります。
 カナー型は
 大昔のもので
 今はゼロです。
 要するに流行があるのも
 わかってもらえると思います。
ハンス・アスペルガーに
アスペルガー症候群の
最初の定義を著させたのは
4人の男児でしたが
ハンス・アスペルガー自身も
子供の頃
同じ特徴を
現していたのは有名な話です。
 ―ヒステリー反応でしょう。
 空気を読んで
 合わせる能力が高いのです。
 リカちゃんに出会ってたら  ☚コワイから
 カナー型みたいに
 黙々とリカちゃんごっこ
 してたんじゃないかな?
 
そして
特徴の同定が
広く認識される前に
死亡しています。
 ―定義など
 恣意的に
 言いたい放題です。
大事なのは
アスペルガーの態度でしょう。
興味のある事柄について
非常に詳細に語る能力について
 ―勝手なやつだとか
 凹凸があるとか
 上から目線で今は捉えますね。
「小さな教授たち」と呼んで
ちょっとおだてながら
 ―ここのさじ加減が重要で
 自我肥大を起こしたら
 「我が子は天才」の
 毒親になります。
  
支えたら
ホントに教授になった男の子もいます。
発達障害児扱いしたら
本当に発達障害児になるってのが
わからないんだなぁ…ニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です