大阪刑務所の受刑者や同僚にキレ暴行のPTSD解離看守処分は気の毒

37歳の看守部長は
50歳の受刑者に
暴行して
書類送検され
 ―他にも5人の犠牲
34歳の看守は
同僚への
威嚇的暴言で
訓告処分を受けました。
刑務所は
PTSD解離人格の集まりですから
一筋縄では
いきません。
負の連鎖が起こり    ☚見えない
解離して
自傷や他害も起こるでしょう。
 ―看守にならなければ
 こういうことにはならなかったでしょう。
 ある程度は
 安全に仕事ができるように
 配慮すべきだと思います。
看守部長の場合は
集団行動訓練中に起きた
事件だったそうで
 ―前人未到の難題
気の毒だなぁと
思います。
せめて
PTSD予防教育のワクチンが
必要でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です