うつ病もPTSDも断食で遺伝子治療

金沢医科大学教授の
古家大祐さんが
「サーチュイン」という
遺伝子について
「夢のような遺伝子
そういってもいいでしょうね。
肌から髪の毛
筋肉、骨、内臓、脳…。
頭のてっぺんからつま先まで
全身の老化にブレーキをかける
遺伝子なのですから。
この遺伝子をうまく活用すれば
誰でも簡単に
若く健康な体を維持できるようになるんですよ」
「カロリーを制限することです。
特に“腹七分目”の食事が
カギになります」
なんて言ってますが
東洋医学では
そんなのとっくの昔に
常識です。
しかも
復元じゃないです。
 ―二元論
前よりパワフルになるんですから
【一太極二陰陽】です。
$PTSD研究家翠雨の日記2007出版の本
西洋医学は
どれだけ
遅れてるの?ニコニコ
$PTSD研究家翠雨の日記
うつ病って言っても
この本は
栄養素で説明してますから
作られたうつ状態です。
断食の前では
そんなもん
どうでもよろしいということでしょうね。
 ―精神科では
 どうでもよろしくないです。
 
 命取りです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です