仙台の警察署元署長もPTSD解離性酒気帯び運転で逮捕される

元署長(65)が
酒酔い運転の疑いで
現行犯逮捕されました。
「止まっている車の中に
病人がいるようだ」と
近くに住む人から119番通報があり
消防隊員が駆けつけると
急発進させ
約10分間走行し
車を停めたようです。
アルコールが検出されましたが
飲んでないと否認してます。
車のなかで
お酒を呑んだだけなら
問題ないのですが
PTSDで解離してますから
ストレスに翻弄され
場当たり的行動をし
否認するのです。
仙台には
やりきれないことが
たくさんあるのだと思います。
こころのケアが
(PTSD予防)
足りませんしょぼん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です