玉川学園で高1女生徒「さびしい」とPTSD解離自殺

授業中
校舎の5階から
高等学校課程1年の
女子生徒(15)が
転落し
搬送先の病院で
死亡しました。
別の校舎にいた教諭は
それを目撃していたようです。
 ―PTSD予防が必要ですね。
付属の中学校課程から
高等学校課程に進学したばかりで
家族に
「高校に進学して
仲の良い友達と
離ればなれになってさびしい」などと
話していたそうですが
 ―発達障害ではないですよ。
それは引き金であって
 ―生老病死のほかに
 愛別離苦なども
 PTSDのきっかけになると
 仏教は掴んでいました。
やはり
解離させる
PTSD的要素が
あったのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です