木嶋佳苗というPTSD解離人格はかつての境界性人格障害で増加している

裁判員の方々は
「難しかった」と
言います。
死刑判決の判断を下した
責任を感じつつ
それを
速攻否定されている状態です。  ☚控訴
全身全霊で
疲労困憊するほど考えて
死の恐怖に絆されつつ
 ―自分に返ってくるものが
 あります。
その記憶を
事実上否定されたのです。
わけのわからない疲れを
感じると思いますが
それは
未治療のPTSDを相手にしている
家族などがよく
翻弄される世界です。
 ―専門家はそれを知っているハズだから
 PTSD予防の手伝いをすべきです。
$PTSD研究家翠雨の日記陰陽の病
また
やっていることはデタラメながら
 ―人を騙してお金を巻き上げ
 都合悪くなると殺す
涙を流して反省する姿を
目の当たりにして
「結局
どういう人なのか
わからなかった」
「悲しい感覚の人なのかなと
思った」
PTSD解離人格の
陰陽の両極端に
翻弄されてしまったようです。
 ―昔流行した
 境界性人格障害を思い出せばよいでしょう。
 あらゆる意味で
 境界型なのです。
 本人が朝日新聞に寄せた手記にあるように
 トラウマがあるから
 PTSDであるということですが。
本人は本人で
「他の人と違うことが歓迎されない。
自分がこだわってきた
『オリジナルであること
自由であること』が受け入れられないし
高く評価されないんんだなと
思った」と

呆れるようなことを
本気で言っています。
この感覚もまた
未治療のPTSD患者の
ブログによく見られるフレーズですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です