祇園暴走事件&クレーン暴走事故から学ぶてんかんとPTSDの関係

祇園の繁華街での暴走事件は
18人死傷の
不可解な大惨事です。
 ―『なんでこんな目に遭うの?』と
 みな言ってます。
 PTSD予防が必要な
 哲学的命題です。   ☚常識では解けない
いくら
事勿れ主義でも
【否認】が好きでも
 ―病的否認のでっちあげうつ病患者や
 でっちあげ発達障害親は
 別ですが
『なぜ?』と
考え始めています。
 ―この話に無関係な人など
 いませんから!
今のところの
争点は
$PTSD研究家翠雨の日記陰陽
★てんかん発作によるものか否か
 ―口から泡を吹いていたという
 証言も出ましたが
 300メートルも意識的に
 運転しています。
★殺意があったのかなかったのか
 ―殺人容疑での捜査は厳しいという意見と
 歩行者を巻き添えにしたのは
 殺意があるからだという意見
クレーン車事故の時より
さらに進んだ内容を
考えさせる行動です。
 ―集合的無意識に翻弄されているからでしょう。
クレーン車運転手も
てんかんの持病がありました。
しかし
それを【否認】し
母親を「ウザイ」と
毒親扱いし
治療拒否した挙句に事故を
起こしました。
祇園の運転手の場合は
家族の言うことを
よく聞いていたようですが    ☚表面的には問題なし
運転はできないという病院の指示を
軽く考えていたこと
 ―軽い【否認】
てんかんへのトラウマに
 ―発作はある種津波みたいなものです。
 基本的安定感が幼少時から
 常に揺らいでいます。
そのコントロールや
家族との協調などからくる
(善意からであり
 必要ですが) 
ストレスが重なり
PTSDが発症し
【解離】暴走してしまったのではないかと
思います。
 ―薬の影響は
 捜査中で     ☚今回はしっかり調べるみたい
 興味深いですが
 今はわかりません。
要するに
てんかんはPTSD発症リスクが高いので
PTSD予防すべき
なのです。
 ―ガンなどと一緒です。
 死ぬかと思うことが
 PTSDの素ですから。
てんかん患者さんへの
差別などを助長しないためには
PTSD予防が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です