殺人後「子どもが不憫」でPTSD解離性子殺し&いじめられたら可哀想とでっちあげ発達障害魂の殺人

苫小牧市で
乗用車の
トランクから
母親(42)と
小学4年の長男の遺体が見つかった事件で
長男に対する
殺人の疑いで
父の牧場経営(55)が
 ―母親への殺人罪で起訴済み
逮捕され
「人殺しの子供として
生きていくのがふびんで殺した」

容疑を認めているそうです。
子どもの命を自分の都合で
断ってしまうのは
「普通の子のなかに入れたら
ストレスを感じて
可哀想だから」と

 ―できないストレスや
 いじめのストレス
無理に発達障害児にでっちあげ
特殊な環境に押し込める
親の心理と一緒です。
魂の殺人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です