発達障害をでっちあげ損ない始め「障碍のある子ども」にしたミネルヴァ書房

$PTSD研究家翠雨の日記
ミネルヴァ書房の
新聞広告スタイルは
基本的には一緒ですが
【発達障害】シリーズを
「障碍のある子ども」と
書き換えています。
障碍という表記は
ちょっと前の流行です。
 ― 指している一群は
  (PTSD児)
  不変ですが
 流行に敏感な毒親は
 「知的障害」なのか
 「発達障害」なのか
 「学習障害」なのか
 とても敏感で
 サヴァン障害に対しても
 コンプレックス丸出しです。
 (つい本音が出る)
セットで広告するのは
妖怪シリーズですが
こちらも
リニューアルされましたね。
ユング的な表現で
女のすがたをした妖怪=ポイズンママ
男のすがたをした妖怪=ポイズンパパ
 ―専門家を操作しそこねて
 ちょっと焦ってますあせる
動物の姿をした妖怪=PTSD解離型犯罪者
         
 ―でっちあげうつ病などの専門家
 リカちゃんという名のもいます。
 (見た目はサイババ)
今の日本には
きたろうが必要です。
 ―ゲゲゲの鬼太郎と   ☚イメージ
 西田幾多郎     ☚哲学
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です