祇園PTSD解離性暴走事故容疑者宅からてんかん薬700錠も押収

容疑者(30)は
交差点で人をはねた後
電柱に衝突するまで
北進した
約190メートルを
意識がある状態
 ―アクセルを踏み込み
 人や車を避け
 走行
 タクシーの
 ドライブレコーダーの記録から
 判明
運転していましたが
自宅から
11種類
700錠以上の薬も
押収されました。
薬物治療がうまくいかないのは
てんかんでなかったからかも
しれないですね。
 ―極限のストレスを与えられると
 てんかん発作みたいなことは
 起こります。
 脳の血管くらい
 簡単に
 破壊するんですから。
事故の原因が
PTSDの
 ―以前の生死をさまよう大事故の
 恐ろしい
 記憶が蘇り
 逃げたかった。

【解離】であることは
 ―部分的意識喪失
明らかになりました。
$PTSD研究家翠雨の日記
京都府警による研究は
なかなか優秀ですね。
 ―名誉挽回
 さらに
 頑張って欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です