「土屋アンナがスタイリスト夫のDV被害に耐えてる」なんてシャレにならないのでPTSD的【否認】

$PTSD研究家翠雨の日記
右目まわりの打撲
あざ、複数の傷の治療のため
母親と
救急病院を訪れたそうで
医師は
DVの可能性が高いとして
事情を聞きますが
理由を頑なに話そうとせず
事務所も「右目に怪我はしていない」
「左手の怪我はグラスを割ったため」と
DVを否定しています。
スタイリストの夫は
酒癖が悪く
 ―創造の病ですか。
昨年は
泥酔して
暴力事件を起こし    ☚PTSD
駆けつけた警官の
無線を奪おうとして   ☚解離人格っぽい
傷害と公務執行妨害で
現行犯逮捕された
筋金入りです。
よくある話ですが
★酒を飲まないときは
優しい夫だとか
★自分がいないと
彼はダメになるとか
強い
現実の【否認】があって
2人の子どもに
暴力が及ぶ危険性や
母親が傷ついていることでの  ☚一番痛い
傷つきが見えません。   
 ―本人は
 子どものために
 耐えているのですが。
「はっちゃけキャラ」と書かれています。
なんとなくイメージとして
言わんとしていることが
わかるように思いますが
土屋アンナが
DVに耐えてるなんて
シャレにならん!
ということで
こういうことになっているように
思います。
イメージは大事ですが
イメージに殺されることも
あります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です