優秀な若手先端研究者に忍び寄るPTSD解離リスク「眠れないからと精神科に行かないで」

生命科学や
先端技術など
研究費を集中投下して
世界級の成果を狙う
「プロジェクト型」と呼ばれる
研究には
多くの人手が必要ですが
国立大や研究機関では
人件費に充てる国の交付金が
毎年削減されているので
任期付きで
従事していたりします。
5年を超えて
同じ職場で働いた有期雇用の社員に
無期雇用の道を開く
「労働契約法改正案」が
成立するのは
大変良いことですが
雇用主が
先回りして
契約更新を拒むのではないか
という不安が
広がっているようです。
 ―下手に病院に行って
 社会不安障害にされないように

 気をつけないといけません。
 せっかくの頭脳が
 破壊されます。
 文系の人には
 すでに
 そういうことありました。
確かに
パイオニアは
苦しいものですが
それを適応的に
避けようと
悪知恵を使う人が
跋扈するから
学問が衰退し
サラリーマン教授や
 ―教授は研究者ではない。
「うつ病は血液検査でわかる」という
トンデモ発表をするように
なるのです。
 ―ストレスで【解離】したのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です