消防庁やっと東日本大震災のPTSD予防を考え始める

総務省消防庁は
東日本大震災を受け
消防職員が
大災害の現場で活動し
強い精神的ストレスを感じた場合の ☚PTSDの素
対策を検討するため
「大規模災害時に係る惨事ストレス研究会」
(仮称)を
設置する方針を決めました。
こころのケア
(PTSD予防)ですね。
ただし本来の意味は
薬を使いません。
PTSD予防が必要かどうかは
客観的にチェックする方法がありません。
 ―血液検査すれば
 ストレスが高いのはわかりますが。
傾聴すれば
主観的にわかります。
別に科学的でなくても
医学的でなくても
よいのです。
証明の必要もない
古事記の時代からの常識です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です