亀岡暴走少年みたいに大学教授が大学生をはねて死亡させるPTSD否認時代

関西は荒れてますね。
大学2年生の
男子学生を
30mはね飛ばし
死亡させた
69歳の
特任教授は
「当たるまで
気がつかなかった」

夜中で
照明が少なかったと言いますが
亀岡の少年と
あんまり変わらない
精神状態ですね。
 ―わざわざ大学生に当たってますし。
今の大学は
PTSDを否認し
発達障害扱いし
 ―子どもの未来が閉ざされ
 薬漬けにされる子も出ています。
最近は
大学生まで発達障害扱いしてます。
デタラメばっかりしてたら
 ―どれだけの魂が殺されたか。
こういうオチも出てくるでしょう。
PTSDを放置すると
悪化して
自爆します。
しかし人を巻き込むので
予防しないとダメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です