母親に2歳の長男の顔に座り殺害させたPTSD否認の健康相談

東京都練馬区の
自営業の
母親(41)は
長男の生活リズムが乱れていて
落ち着きがないなど
成長に悩み
区の健康相談を
たびたび訪れていたそうです。
元夫に連絡したと書いてありますから
離婚して
不安定だったのでしょう。
そのストレスに耐え切れず
キレてしまうのは
PTSDでしょう。
相談していた内容も
発達障害じゃなくて
PTSDですね。
 ―情緒障害です。
PTSD否認の相談現場では
なーんの問題もないことになり
スルーされた結果
事件になったのでしょう。
専門家も
殺害の片棒担いでます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です