宮城の小学校で津波被害のガレキを響かせ感官掃除しながらPTSD予防

宮城県名取市の
この小学校では
心療内科医のサポートで
 ―心療内科医である必要はないのですが
 朝日新聞なりの
 誘導広告でしょう。
被災時の記憶と
向き合うために
被災がれきに
音を見つけ
音楽を創ることで
PTSD予防をしているそうです。
やっと
まともなのが出てきました。
 ―眠れてるかとか
 外から質問
 外から投薬
 音楽は内から気づき
 内から発信
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
すでに発症してる子も
いるって書いてますね。
$PTSD研究家翠雨の日記
まだ予防段階にもないという
心理臨床学会って
終わってますね。
$PTSD研究家翠雨の日記
PTSD治療では
薬物の副作用を取るのは
初歩の初歩
 ―しかしこれが大変なので
 まずはここに染まらないことです。
感官治療するのが
太古からの常識です。
$PTSD研究家翠雨の日記『コクリコ坂から』
お釈迦さまや
ユングや
西田哲学や
古澤平作や
アリエッティに  ☚精神科医の名でもある
恥ずかしいような
心理学は
大掃除しないと
 ―歯髄の治療にも似てますね。
 神経取ると
 長持ちしないんですよね。
見えてこなくなった
常識です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です