関越道バス事故運転手(43)走行ルート「記憶なし」のPTSD解離運転

事故を起こした
ディズニー行きの
高速バスツアーバスですが
運転手は
休憩場所や走行ルートも
覚えていないそうです。

一連の
解離性暴走事故は
てんかんとの関係から始まり
意識があったのか
なかったのか
解離の核心に向かってますね。
大学より
 ―発達障害とかにしか
 関心がない
警察署の方が
PTSD解離研究に熱心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です