機能不全家族性虐待PTSDで解離性二股騒動の塩谷瞬

大騒動になってますが
 ―大騒動になるとは
 思わなかったのね。
 場当たり的行動も幻想も
 自由ですからね。
2010年11月に
北陸中日新聞での
インタビューで
壮絶な生い立ちを語ってました。
物心がついた時には
母親の名前を知らず
小三まで不登校に近い状態
小四から
新聞配達などのアルバイト
中学校からは土木作業の仕事もはじめ
過酷な少年時代を強いられた
社会や両親を憎んでおり
「ものすごく
怒りや苦しみを感じていた」
それをそのまま爆発させるのではなく
芸術的に
昇華しようとし
ある程度成功したのですが
 ―これだけ騒がれてますから!
道半ばにして
【解離】してしまったようです。
これもエネルギーに変えて
目標達成するのには
また坂道が急になりました。
償い時間とエネルギーをつかいますから
【解離】はしないほうがよいのです。
そして
少年のこころに傷をつけないように
学校で
PTSD予防学習すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です