関越道で死亡事故後PTSD予防どころか悪化させる自動無神経メールは精神科も一緒

バスのチケットを売った
楽天トラベルが
事故翌日
被害者や家族らに
「ご乗車はいかがでございましたか?」などと
回答を求めるメールを送り
 ―親切ごかしですね。
被害者や家族らは憤っています。
 ―憤るべきです。
「メールは
出発日の翌々日に
自動送信されるシステム。
受信した方やその家族に
不快な思いをさせ申し訳ない」と
陳謝しましたが
そのほかには
メールがないわけで
 ―お見舞いくらいありそうですよね。
 格安だったとのおごりでしょうが
 タダでも相手が大怪我したら
 話は別です。
 精神科なんだしって
 (隔離対象であって
 治療対象じゃないじゃん!)
 意識と同じ。
 言わないだけでしょう。
 PTSDなら隔離対象じゃないけどね。 
それがまた
被害者の哀しみに
追い打ちをかけます。
自動システムは
日本中に蔓延してますね。
精神科も
顔見たら
うつ病診断の自動システムです。
 ―時期により
 躁うつ病だったり
 発達障害だったりしますが
 処方するのは
 睡眠薬も安定剤も覚せい剤
 妊婦にも
 出産後でも
 関係なく一律処方で
 
 クラックベイビー
 二世お客様ゲットです。
間違っても
誤ってはくれません。
被害に遭わないように
PTSD予防教育するだけです。
 ―ここに行かないだけでは
 不足で
 さらにどうしたらよいか
 教える必要があります。
ヤーさんに
注意しても
アブナイだけです。
そういうところに行かない
常識を身につけることで
自分を守るのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です