偏頭痛も気をつけないと躁鬱病に化けるPTSD時代

$PTSD研究家翠雨の日記
どこでも顔を出す
大野裕センセイです。
 ―何でも治せるんですね。
$PTSD研究家翠雨の日記
①自分の片頭痛を知ろう
②正しい診断を手にしよう
③自分特有の症状と引き金を記録しよう
④急性期片頭痛の治療
⑤予防のための薬物療法と非薬物療法
ストレス反応をコントロールしよう
ビタミンとハーブを使おう
⑧よりよく理解してもらうために
⑨何も効かないように思えたとき
⑩最新の片頭痛情報を手にしよう
偏頭痛疑いだと
ストレスも配慮し
ちゃんと診断して
薬が必要かどうか考え
栄養なんかも見直すのですね。
PTSD性の偏頭痛も多いですからね。
しかし
⑨⑩があやしいですね。
とりあえず認知行動療法やりますか?って
誘って
「SSRIやりましょう」
「抵抗ある?」
 ―震災被災者も
 ここからやられました。 
「大丈夫
それが偏頭痛の原因です。
あなたのために
オリジナルの抵抗除去プログラム
つくりますよドキドキ
認知行動療法終わった頃には
精神科の患者さんになってて
そのうち躁うつ病みたいに
なりますよ。
 ―本物の躁うつ病と
 薬の副作用でできた
 躁うつ病は違うそうです。
 大野先生は
 そういうの治したことはないと
 思います。
偏頭痛も1つまちがうと
トンデモナイことになります。
アメリカでは
痛み止めの依存症問題があり
酔っ払って生まれてくる
新生児も結構いるそうです。
 ―虐待ですが
 母親は
 「愛情たっぷり注いで
 育てたい」って
 思ってると思います。
 器質的障害とPTSDが
 混ざって
 発達障害っぽくなるかも
 しれないですね。

2 thoughts on “偏頭痛も気をつけないと躁鬱病に化けるPTSD時代

  1. 翠雨PTSD心理学研究所

    SECRET: 0
    PASS:
    >大高忠敬@元私の碇で沈みなさいっ!さん
    苦しんでおいでです。
    認知行動療法などつまらんもの流行らせて、侮辱するのにもほどがあります。
    イマセンになってほしい存在です。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です