ジャッキー・チェンの百尺竿頭はPTSD解離世界の非暴力主義

開催中の
第65回カンヌ国際映画祭の場で
次回作が
自身を築き上げてきたアクション映画の
最後の作品になるという
ニュアンスの発言し
話題になっています。
世界は今
あまりに暴力的だ。
僕は闘うことは好きだが
バイオレンスは嫌いだ

「本当のジャッキー・チェンを見せようと   ☚自己実現
思ったんだ」
「後どれくらいできるか
身体に尋ねてみた。  ☚東洋思想の基本
もう僕は若くないからね」
100作ほど演じてきて
この先にあるものですから
 ―心理療法のサイコドラマみたいです。
 やってるうちに
 課題が内から出てきます。
百尺竿頭一歩進めよですね。
お題は
PTSD解離社会の
非暴力主義の問題でした。
究極の問題ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です