京都でPTSD解離性愉快犯が道にテープ貼りバイクが転倒

道路に
56センチの高さで
9メートルも
テープを貼るという
悪質ないたづらで
新聞配達の男性(55)が
転倒し
怪我をしました。
綿密な行動力と
倫理観の喪失の
アンバランスは
PTSD解離人格以外に
説明がつきません。
無意識でしょうが
京都では
PTSDについて
なかなか
核心を突いてきてます。
 ―祇園暴走も
 意識があったのかなかったのかが
 一瞬争点になりました。
 道にテープを貼りたい
 (この国の道路はおかしい)のは   ☚象徴的意味
 わかりますが
 実際に貼っては
 アクティングアウトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です