フィンランドで18歳が人ごみに向けてPTSD解離性銃乱射

南部ヒュビンカーで
地元に住む
迷彩服を着た
 ―サバイバルゲームを
 現実にしてしまうのは
 PTSDです。
 
18歳の男が
建物の屋根から
銃を乱射
 ―2丁所持。
女性(18)が死亡し
8人が負傷しました。
約540万人の
国民のうち
約65万人が銃の所持者とのことです。
PTSD解離の時代は
銃は禁止にしないと
いけません。
 ―あれば使いますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です