講義中微増傾向の奇妙な私語はPTSD解離性

講義中の私語には
いろいろなタイプがありますが
最近微増傾向のものに
解離性私語があります。
興味を持って
聴いているからこそ
 ―昨年は
 うつ病治療受けてる学生が  ☚PTSD
 困惑して
 反発したケースについて
 書きました。
 認められませんが
 気持ちはわかりますから
 こちらも困惑しますね。
つい隣の人に
 ―隣も
 『そうそう!』と思っているのが
 わかると
 
 つながろうとする。   ☚ヒステリー
話かけてしまうようです。
注意すると
キョトンとして
こちらをじっと見ます。
 ―フリーズ
最初はわからなかったので
奇妙でしたね。
普通は
「すみません!」と
反応しますから。
驚いて
どう反応すべきか
わからないのだと思います。
 ―ストレスに弱いのです。
自覚できてるのは
『一生懸命聴いてるのに』
程度でしょうね。
隠れDVや隠れ虐待サバイバーも
多いようですから
 ―手応えでわかります。
このくらいの
解離反応は出てくるでしょうね。
PTSD解離時代は
いろんな場面で
新しい工夫が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です