高嶋政伸さん妻に殴られ「死ぬかと思った」とPTSD発症リスクも証言

離婚のための
法廷対決が
注目されてますが
高嶋さんは
殴られ
「左目が見えなくなり
激痛が走った。
失明するかと思った」
 ―役者にとっては死です。
 
「このままでは
被告に殺されると思った」
「とにかく逃げたかった」と
DVであることを
証言した上で
「ストーカー」と
ハッキリ表現
「とにかく逃げたかった」と
言っています。
完璧逆DVです。
 ―そもそも逆DVという発想が
 差別的かもしれないです。
なのに
DV被害者を装おうとも
してたんですね。
 ―裁判では
 どちらかが
 ウソをつきますが
 被害者は
 それに傷つきます。
知識だけはある
 ―しかし所詮悪知恵は
 バレる。
PTSD解離性場当たり性格で
恐ろしい人格ですが
生い立ちの中に
トラウマがあるそうです。
このような悲劇を避けるためにも
PTSD予防教育が
やはり必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です