磯飛容疑者覚せい剤逮捕の2年後にPTSD解離性アクチベーションシンドロームとしての無差別殺人

2010年6月
覚醒剤で逮捕
  ↓
2012年5月24日出所
  ↓
薬物依存者の自立支援施設経て
(民間)
  ↓
6月9日
刑務所仲間のいる大阪へ
酒を飲み
泊めてもらい
  ↓
10日自殺しようと
心斎橋の
デパートで包丁購入   ☚最期だから?
20分後無差別殺人    ☚相即の関係ですぐ転換
ドラッグに手を出すのは
それなりに
トラウマがあるからです。
 ―ノリピーも
 見かけ上だけでは
 判別できませんが。
それをそのままに
刑務所や民間施設で
抜いても
トラウマはそのままですから
ちょっとお酒飲んで
ピア・カウンセリング
したら
アクチベーション・シンドロームに
なります。
お酒が悪いのではなく
トラウマ放置の医療が
おかしいのです。
無差別殺人は
誰のせいでしょう?
 ―縁起を感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です