神奈川県警の警察職員約4割が肥満にはエアロビクスよりPTSD予防教育

生活が不規則だからと
考えらえているようですが
こころにすっと
芯があれば
自分の感覚で
食べ物を選べるはずです。
場当たり的に食べる人には
PTSD解離傾向が
あります。
体を張って
県民の安全を守らなければならない
警察職員は
PTSDを発症するリスクが
大きい仕事です。
PTSDは
様々な症状を生みますが
摂食障害は
多いです。
PTSDを学ぶことが
肥満予防や
肥満治療にもなると思いますし
身体感覚程度なら
定期的に
断食道場に行けば
取り戻せると思います。
そして
こころも変わりますから
PTSD予防になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です