PTSD解離性機能不全家族の子としての神田沙也加に百尺竿頭迫るマスコミ

25歳で
芸能人と言っても
母親の3度目の結婚は
デリケートな問題です。
生出演した番組で
出演者に祝福され
小さな声で
「ありがとうございます」とだけ
答え
スタジオを出る際は
報道陣を避けるように
車で去ったとニュースになっています。
マイクを向けて
言いにくいことを
聞くのが
1つの文化みたいに
なってますが
$PTSD研究家翠雨の日記
如人千尺懸崖上樹   =ポニョ
百尺竿頭一歩進めよの  =アリエッティ
むつかしいハードルを
代表して
超えさせらえるのが
象徴としての芸能人なのでしょう。
マスコミが悪いとか言うより
国民が見たがってるのでしょう。
 ―「マスコミって
 何だかねぇ」と
 上から目線で言いながら。
集合的無意識は複雑です。

2 thoughts on “PTSD解離性機能不全家族の子としての神田沙也加に百尺竿頭迫るマスコミ

  1. MS.MーKO

    SECRET: 0
    PASS:
    うちの旦那みたいな人には、なんでもないのかもしれませんね。妖怪か宇宙人かもしれませんから。妖怪や宇宙人に失礼ですね、こんなこと書いたら。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >MS.MーKOさん
    いやぁ、M-KOさんに逃げられたら、青菜に塩となるかもしれませんよ。そうならないように戦闘態勢を取るかもしれないし、くれぐれもご注意を!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です