高野山大学で同級生を刺した女子高生「かっとなった」PTSD解離性認める

和歌山県にある
高野山の大本山での
事件は
象徴的です。
 ―聖域ですから。
私立高野山高校3年の女子生徒(17)が
同級生の女子生徒(17)に
折り畳みナイフ(刃渡り約8・5センチ)で
背中を刺され重傷
刺した女子生徒は
殺人未遂容疑で
緊急逮捕されました。
「一緒に後片付けするよう
注意され
かっとなってやった」
協力することは
当たり前ですが
言い方とか
そういう些細なことに
ストレスを感じて
キレるのが
PTSD解離人格です。
護身用ナイフは
いつでもキレますよという
サインであることが
多いでしょう。
 ―戦国時代の女性なら
 フツーですがね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です