PTSD機能不全家族時代の象徴コンビニおにぎりの毒性

コンビニのおにぎり何が好き?
コンビニのドル箱商品といえばやはり「おにぎり」です! お弁当よりもおにぎり。各コンビニの担当者は新お……….≪続きを読む≫

自家製のおにぎりを
人に勧めるのは
最近は
タブーになってきているので
 ―確かに知らない人のは
 抵抗ありますね。
 親のことが嫌いでも
 食べられないシロモノですね。
 なかなか
 心理的な食べ物だったと
 気づかされます。
 山下画伯は
 お母さんの言いつけで
  ―発達障害的なPTSDで
  将来困るだろうからと
  「お腹がすいたら
  親切な人におにぎりをもらいなさい」と
  教えました。
  「精神科に行きなさい」より
  いいですね。
 誰にでも頼むところが
 偉いとも思います。
 無我の境地は
 お坊さんなみですね。
コンビニの
ドル箱商品は
「おにぎり」らしいです。
 ―商魂を感じます。
しかし
これが
人の手のバクテリアや垢より
危険です。
まず腐りませんしね。
一番人気のツナマヨなんか
 ―マヨネーズ風のものは
 怪しげな合成物質です。
 見た目で騙されてますが。
危険すぎます。
子どもに食べさせてはダメでしょう。
母親がストレスに感じて
キレるより
コンビニに頼る方が良いというのは
精神科の薬も必要というのと
同じ発想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です