がんと誤診し死亡させた山本病院PTSDを先天性精神病と誤診する精神科

奈良の
山本病院で起きた事件で
元理事長の
執刀医(54)に
禁錮2年4ヶ月の
実刑判決が出ました。
手術は要らない
肝血管腫を
肝臓がんと誤診して
肝臓外科の専門医も
いないのに
手術し
大量出血させ
止血努力もせず
死に至らしめた上
「死因は
急性心筋梗塞だ」と
主張していました。
あまりのデタラメに
裁判官は
「大学を出たての医者なら
こういうことはしなかったでしょう。
どこで
こういう判断を
するようになったのか
考えて欲しい」
精神科も同じです。
若い時は
ユングとか読んで
真面目にやってくるのです。
しかし
数年後再会すると
別人格になってます。
 ―最近は
 初めから近づかないように
 する傾向も出てるかな。
 こうなることが
 周知の事実になってるから。
 最初から
 利権便乗犯ということもあせる
PTSDを
発達障害や躁うつ病や
統合失調症と誤診し
悪化しても
「そういう病気です。
早期発見できたのが
幸いです。
知らないで苦しんでいる人が
多いんです」と
しゃあしゃあと言うようになります。
夜は悪夢を見るから
増うつ剤なんか
呑みながら
頑張るんでしょうね。
 ―酩酊医者です。
 こころが痛まないよう
 麻酔が効いてます。
がん専門医なら
増がん剤は
飲まないそうで
そこが大きな違いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です