西成暴走容疑者「数々の事故を起こしたことは覚えている、間違いない」薬チュー以下の東電PTSD

大阪市西成区で
ワゴン車が暴走し
6人が重軽傷を負った事件で
容疑者(32)は
容疑を認めています。
注射器を所持していて
尿検査の結果も
覚せい剤の陽性反応でしたが
自覚があります。
世界を危険に陥れながら
無反省で
 ―株主に詰め寄られたら
 多少謝罪しますが
 顧客には
 所詮
 『売ってやってる』意識の
 殿様商売
「大丈夫」
覚せい剤中毒者より
 ―重度PTSD
重症ですね。
妄想級かな。
ヘビー級を放置すると
より軽度の人々が
解離しやすくなるのです。
 ―常に比較する
 空気に敏感なヒトビトですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です