マキノ出版からPTSD予防(こころのケア)教育によさそうな断食本

マキノ出版から
 ―三五館とか
 お友達出版社ですね。
 東洋医学のいい本が
 昔から時々ある。
 トンデモもあるけど。
 朝日出版とかは
 トンデモか
 どーでもいいのしかないでしょ。
『人は死なない。
では、どうする?』
私のPTSD論と
ほとんど一緒のが
また一冊出ました。
 ―昔から何冊も出てて
 現代風に焼き直ししてる
 だけだけど。
★死への恐怖は
向こう側へ気安く飛ばないための
安全弁           
 ―解離や否認、抑圧など
 心的防衛機制
 しかしこれを続けると 
 PTSDの生き地獄
 (生きられもせず
 死ねもしない)
★水だけで一週間生きたら
治療する
三宅島の死の風習
 ―古来から
 PTSD治療には
 (心身症も含めて)
 断食です。
★病気は
「自分を大事にしてほしい」という
思いが作る
 ―増不安薬とか
 増うつ剤
 増がん剤は
 悪化させる。
 気づかないで無視するから
 セルフが暴れる。       ☚スサノヲ 
★「気づき」が
病気を快方へ向かわせる
転機となる          ☚スサノヲの笑顔
★私はすべての中にあり
すべては私の中にある。
$PTSD研究家翠雨の日記
般若心経の世界ですね。
 ―かたちあるものは   ☚現実のさまざま
 かたちなきもの    ☚象徴
 かたちなきものは
 かたちあるもの
 
 二元論だと頭おかしいと
 言われます。
学校から
スクールカウンセラー追い出して ☚金喰い悪魔
PTSD予防教育
(こころのケア)の
テキストにしたら
いいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です