特別支援学級のPTSD児 学習障害の実態

$PTSD研究家翠雨の日記
朝日新聞が連載する
中3の女の子
知的障害ということに
なってるけど
「はさみ」が苦手で
読むのが止まるのは
ストレスへの脆弱さでしょうし
 ―刃物がトラウマ記憶を
 呼び起こしそうになるからという
 場合もあります。
 刃物使えない大人もいますよね。
「み」と聞いて
「みかん」と反応してしまうのは
 ―表層的に上滑りする。
 ネット上でも
 よく知らないのに
 過剰迎合する
 ヒステリー集団できますよね。
ヒステリーと投影傾向の
強さでしょう。
PTSDの解離人格です。
認知の歪みが重篤で
結果的に
学習障害になっているわけです。
基本は普通学級にいるそうですが
この認知レヴェルだと
確かにシンドイでしょうね。
だから支援学級というのではなく
認知の歪みをさらに
分析し
治してゆけばよいのです。
こういう視線の子
よくいますね。
 ―1つの型があるように思います。
親やセンセイなら
「なんでこうなのだ?!
何があったのだ?」と
フツー立ち止まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です