『イ・サン』第38話 老王のPTSD性認知症の治癒

高齢の王が
認知症のようになりますが
それは
息子を誤解して
怒り狂い
米びつに閉じ込めて
殺した
罪悪感を否認していたからでした。
 ―よく悪夢にうなされます。
息子の書いた手紙が出てきて
誤解が解け
こころからすまないと
涙を流したとき
 ―日本人に多い
 阿闍世コンプレックスの治癒場面と
 似てます。
 人から言われてもだめで
 自分が悟らないと
 人は変わりません。
認知症の症状が
消えました。
 ―認知症のフリをして
 事態を好転させます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です