西成暴走男は殺人未遂で再逮捕 否認と放置で暴走しやすい危険なPTSD

大阪の西成で
覚せい剤など使用し
ワゴン車で
暴走し
6人に重軽傷を負わせ
取り調べ中の
 ― 時に
  意味不明の言動もあるので
  精神鑑定もされるらしい。
32歳の男は
殺人未遂で再逮捕されるようです。
責任能力がないかもしれないけど
通行人が死亡してもいいと
認識をしていた
危なくて不思議な
意識状態ですね。
【解離】でしか説明できないし
未治療のPTSDは
犯罪につながる
危険な病であると
いうことになります。
確かに
開き直った人は
暴走しやすいから
アウトロー化は
危険な兆しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です