大津中2いじめ自殺隠蔽で自分も「怖かった」在校生らにこころのケア(PTSD予防)が必須

日常的だった大津のいじめ 教室内の同級生も「怖かった」
 滋賀県大津市で中学2年生の男子生徒がいじめを原因に自殺した問題で、これまで以下のような証言が、生徒……….≪続きを読む≫

時代は変わっても
いじめの
メカニズムは
そう変わらないですね。
目撃者も
今までは
こころが凍りついてましたが
事件発覚で
少し溶け出し
罪悪感や恐怖感、不安の
コンプレックスに
直面し始めているようです。
わかってるなら
対応しないとダメですね。
 ―薬で消すのではなく。
置かれた状況を理解し
同じようなことがあっても
対応できるような
ワクチンとして
機能するような
方法は
PTSDを教える以外には
ないでしょう。
下手したら
皇室の方々が
こころのケアにみえるよ。
 ―療養中の方々に
 ご負担かけちゃいけませんね。
そろそろ専門家が
 ―今は
 何もせんもんか
バトンタッチしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です