同級生をいじめ殺した大津中学生3人もPTSD治療されず野放しで悪化の一途

大津いじめ加害少年の1人 転校後不登校状態で家で歌の練習
 大津のいじめ自殺事件では、加害少年3人に対して、暴行、傷害など6つの罪で大津署が取り調べを進める。……….≪続きを読む≫

PTSD否認は
 ―3人はPTSD解離人格です。
犯罪者を
野放しにすることにもなるわけです。
ただの犯罪者ではないので
 ―未成年なので
 裁くと言うより
 補導しないとダメです。 
(文字通り「導く」
 頭に補線を引いてあげます)  ☚解離でバラバラ
★転校後の涼しい顔に
「酷い奴や」と
 口をきいてもらえなくなる。
 ―さらに解離を強めないと
 生きてゆけないが
 冷酷に見えてしまう。
★在校中の男子生徒は不登校状態
自宅で音楽を大音量で流しながら歌の練習
 ―自己治療の限界
★転校後
髪の毛を茶色に染めるなど
生活態度が荒んでいき
転校先でも集団暴行
 ―母親しかいないので
 (あとの2人は毒親がいて
  負の連鎖で
 いじめ思想共有の護りがある)  ☚病巣温存
 護りが薄く
 ひらきなおり状態
放置すると
それぞれ次の段階に
進行しているようです。
ただでさえ
ストレスに弱いのですから
成人する前に
補導しないとね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です