原爆・原発事故・がん治療「放射線の苦しみ」はPTSDの苦しみ

PTSD研究家翠雨の日記
フクシマの浪江町長も
平和式典に参加するそうです。
放射線の苦しみは
一緒ですね。
 ―関連付けて考えないように
 配慮されていますが
 
 本日の紙面は
 1つのことだと
 強調したかたちになっています。
 原爆の威力でしょう。
 (有無を言わせない)
さらに言えば
がん治療の放射線も
容易に想像させます。
 ―これはもっと考えないように
 工夫されている。
西洋はものを分けて考える文化ですが
 ― 医学と宗教と哲学をバラバラにするのは
  隠蔽に都合がよい。
  その問題をつく様に
 【解離】人格が跋扈するようになりました。
東洋は共通項を見つける野生の思考です。
 ― 一即多
  一緒くたに協力して
  がんばる。
$PTSD研究家翠雨の日記
下の原爆ドームは
アリエッティの発想が生まれた
東北の建物にも見えます。
 ―  二階の西洋建築が
   一階の純日本家屋に
    めり込むように見えます。
   宮崎監督は当然原爆を感じたでしょう。
PTSD研究家翠雨の日記
PTSD研究家翠雨の日記
ポニョから続く
未曾有の危機からの脱出法についての
魔法を
ジブリは追求しています。
PTSD研究とピタリと
重なります。
明日以降も
この原理で
考えていく必要があります。
 ―風見鶏の     ☚鳥頭
 場当たり社会だから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です