毎日1升呑みながらPTSD性アル中にも心身症にもならず90歳まで生きた横山大観

$PTSD研究家翠雨の日記
若い頃は
猪口2 – 3杯で
真っ赤になってしまう
下戸だったのに目
師の岡倉天心が
日に2升ともいわれる酒豪で
「酒の一升くらい飲めずにどうする」と
叱咤され叫び
訓練して
大変な酒好きとして
知られるようになりました。
 ―善男善女の皆さまは
 真似しないでねニコニコ
人生後半の
50年は
ご飯をほとんど口にせず叫び
酒と肴
(少量の野菜)だけで
済ませていたそうです。
飲んでいた酒は
広島の『醉心』
 ―酔心の社長と意気投合
 
 社長は
 年に四斗樽で
 何本も注文が来るとは思いもせず
 一生の飲み分を約束したそうです。
 驚かれた大観は             ☚若干KY気味
 ちょっと悪いなぁと思ったのか
 代金の代わりに
 毎年1枚ずつ
 自分の絵を無償で送り
 
 醉心酒造に
 大観の記念館ができたそうです。  ☚人生塞翁が馬
1955年(昭和30年)頃まで
毎日約1升呑みながら
 ―1957年(昭和32年)頃に
 4合飲むのがやっとになり       ☚普通の酒飲み
 最晩年の1958年(昭和33年)になると
 1日に5勺(1合の半分)         ☚フツー
アルコール中毒にならず
大病もせずに
90年の寿命を全うしたそうです。
表現することが
いかに大事かということを
示していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です