袋叩きは嫌だからいじめ被害生徒への退学処分を慌てて撤回した仙台のPTSD否認私立高校

仙台市の
私立高校では
2年の男子生徒(16)が
同級生から
たばこの火を腕に押しつけられる
「根性焼き」などの
いじめを受け
やけどの痕を
ほかの生徒に見せて
動揺を与えたなどとして
自主退学を求められていましたが
 ―教頭らは
 理由についての
 説明や謝罪もしなかったので
 生徒は
 県警に
 被害届を出しました。
学校側は
これを撤回したそうです。
袋叩きになりたくないだけですね。
大津で自殺した生徒の
お陰であることは
間違いないです。
ダメな社会を
動かしてくれています。
言葉がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です