いじめ自殺防止にはそれがPTSDと認め当事者の言い分を鵜呑みにしないこと

被害児は
恐怖に凍りつき
加害児は
解離して
いじめに関してだけ
まともな思考ができません。
 ―本当に「大丈夫」で
 本当に「遊びだった」と
 思っていたりする。
 意識の表層での話ですが。
言い分を鵜呑みにせず
周囲の客観的な
声を聞くべきです。
 ―超身近な子どものこころは
 凍りついている場合も
 ありますがね。
(意識的には)
周囲の方が
苦しんでいたりします。
 ―病理が深すぎると
 防衛規制が働き
 苦しめないのです。
PTSDとして
 ―病理として
見ないと
見えてこないのです。
否認の病ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です