宇治市おにぎり食中毒事件も市職員のPTSD解離性不注意から

豪雨で孤立状態になった
京都府宇治市で起きた
集団食中毒の
原因は
支援物資の
おにぎりで
 ―黄色ブドウ球菌が検出された。
業者はきちんと製造していたのに
市が納入後
施設で常温保管したあと
 ―今の常温?
二時間ほど野外に
 ―30度くらいだったらしい。
放置したものだったそうです。
 ―頭お留守にも程があります。
住民は
市に医療費の補償を求めるそうです。
当然ですが
これまた血税なんですね。
処置なしですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です