本日朝日新聞『聖痕』38にも「不道化」というPTSDの一側面に関する記述アリ 

高田純次が道化と
番宣にありましたが
なんと
今日の
小説にも
「不道化」が出てます。
漱石などの時代を
意識してのことか
敢えてムツカシイ言葉を使い
後尾に説明を書くスタイルですが
それによれば
「場所柄に似合わぬ道化」
 ―KY的な道化ですね。
 道化は
 無意識的に空気を読みながら
 みんなをあっと言わせるような
 良い方向に持ってゆく知恵者ですから
 (空気を読んでないようで
  読んでいる) 
 単なるお調子者ですね。
だそうです。
道化成りそびれ症候群
確かに
そういうタイプが
流行っていると思います。
前記事の
ヤンキーとも
微妙に重なるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です