朝日新聞『聖痕』41 日本のPTSDには精神分析もスサノヲ的に

精神分析を意識してか
輸入された当時の
ムツカシイ言葉の
オンパレードです。
41話には
「流涕」
 ―涙が落ちること
普通は「涙」と書きますが
いろいろあるようで
秀吉が千利休に
切腹を命じられたあと
弟子に渡した
茶杓のご銘は
「泪」
どうでもよさそうですが
その字を見てしまうと
他では
意味が微妙にズレてしまうように
思います。
戻るとか弟と言えば
スサノヲですね。
スサノヲと言えば
泣いて
お母さんに会いたがって
大暴れするシーンが
有名です。
大事だから
語り継がれる部分です。
PTSDのリセットの秘密ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です