『千秋太后』第44話 PTSD薬物中毒死の王

体調不良に対して
薬と称して
処方された薬の
依存症になります。
麻薬であると気づいていますが
やめられませんし
やめさせようとする周囲に
怒鳴り散らし
手がつけられません。
占いを信じて
妹を辛い目にあわせてしまった
コンプレックスを
和らげるためには
仕方がなかったと
言って
40歳にもなっていないのに
死んでゆきます。
チェックシートのような
簡単な問診で
精神科の薬をやめられなくなる
現代と
少しも変わらないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です