公演中の転落で「奈落が血の海だった」 市川家のPTSD死の恐怖

27日に
国立劇場での公演中に
約3メートル下の
奈落に転落
都内の病院に
緊急入院した
歌舞伎俳優
市川染五郎さんですが
お父さんが
「奈落が血の海に染まっていた。
(最悪の事態を)
覚悟しました」と
仰るほど
壮絶だったようです。
意識はあり
打撲や
手の骨折で済んだようですが
本人もご家族も
死の恐怖を味わったでしょうね。
お客さんもびっくりしたと
思います。
こころのケア
(PTSD予防)が必要です。
歌舞伎座には怪人がいますからね。  
 ―海老蔵などは
  PTSD解離性連鎖の象徴
世間でも
転落事故が相次いでいるようです。
象徴に引かれて
無意識行動してしまうのでしょうね。
 ―予防できるわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です