PTSD解離性組織的パワハラで懲戒免職の職員復帰の大阪市

河川敷の清掃作業で
拾ったお金を
着服する
伝統があったようですが
 ―昔はそういうのが多かったけど
  ダメだということになってるのですから
  ルールは守らねばなりません。
それを告発した
職員(48)が
懲戒免職になって叫び
取り消しの裁判を起こしていました。
大阪地裁は
「処分は社会通念上の
妥当性を欠く」と
認め
 ―訴えて認められて
 始めて法律が生きるという意味での
 法治国家
です。
職員は復帰が決まり
橋下市長は
控訴しないこと
こういう人を守ることを
宣言しました。
市役所の
PTSD発症率も減るでしょう。
他の組織のリーダーも    ☚学会も!院長も!
そうすべきなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です