『原発依存の精神構造』PTSDのトラウマから二元論を超えて象徴的に読み解く視座は新しい

$PTSD研究家翠雨の日記
原爆を落とされても
原発事故が起こっても
原子力信仰が揺るがないのは
不思議ですね。
それを
日本人に刻まれた
トラウマの謎として
読み解いたそうです。
安全/危険の
不毛な二項対立を越えるには
どうすればいいのかという
視点もあります。
 ― 二元論じゃなくて
   一太極二陰陽でしたね。
象徴・反復・否認・両価性・無常観という
精神分析的視点から
閉塞状況に
風穴を開ける脱原発論は
ちょっと新しいかもニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です